ウッドデッキを作ろうのTOPに戻る

耐久性に優れた イペ


耐久性を求めるウッドデッキに使われる木材の中で、耐久性に優れ、メンテナンスフリー謳う木材があります。その中の一つにイペがあります。

イペの原産地はブラジルで、直径は約1m、高さは40〜50mほどになります。7月〜10月頃に白やオレンジ、黄色、ピンク、赤紫色といった花を咲かせます。赤紫色の花には薬効があるともいわれていますよ。

欧米では古くから、水辺のデッキやフローリング材として使われています。日本でも10年程前から色々な公共事業で使われており、現在では全国100箇所以上の場所で使われています。
有名な所では、京湾アクアラインの海ほたるや、横浜大桟橋のデッキなどがありますよ。

イペはとても水に強く、メンテナンスをしていなくても、屋外で30年以上腐らないと言われています。イペに含まれる「パラコール」という成分は、防虫・防蟻の働きがあります。

色は黄褐色。表面はなめらかで光沢があり、その見た目の美しさもウッドデッキ材としての人気の1つです。
乾燥しても、ひび割れや変形がなく、ささくれもあまりおきません。小さなお子さんがいるお家にも安心です。

イペの難点は、とても硬くて重い木材なので、加工がしにくいという点でしょうか。
イペはとても密度が高い木材です。加工をする時は超硬度刃物を使う必要があります。その硬さの為、釘打ちは不可能なので道穴やボルト締めを行う必要があります。自分でウッドデッキを作る場合は、覚悟してとりかかりましょう。

関連コンテンツ

最強の木材 ウリン

ウッドデッキに利用する木材の中で、最強の木材と呼ばれているウリン材。 水に強く、耐久性に優れ、防腐・・・

ウリン材のデメリット

ウッドデッキに使われる木材には数多くの種類がありますが、その中でも「最強の木材」と呼ばれるウリン… ・・・

2×4(ツーバイフォー)材

ウッドデッキに使われる木材には2×4(ツーバイフォー)材というものがあります。 2×4材とは、建築・・・

SPF材

ホームセンターでSPF材という木材をよく目にする事と思います。ウッドデッキを手作りしようと考えた時、候福ΑΑ

ウエスタンレッドシダー

ウッドデッキに使われている木材で、現在最も多く使用されているのが、ウエスタンレッドシダーではないでし・・・

人工木でウッドデッキ

人口の木材を利用して作成するウッドデッキをご紹介します。通常ウッドデッキといえば、天然の木で作られた・・・