ウッドデッキを作ろうのTOPに戻る

ウリン材のデメリット


ウッドデッキに使われる木材には数多くの種類がありますが、その中でも「最強の木材」と呼ばれるウリン… 

欠点があまり見当たらないウリンですが、
いくつかあげてみましょう。

ウッドデッキの下地を汚す

ウリンに含まれているポリフェノールが、雨水などによって染み出てきて、ウッドデッキの下地を汚す事があります。

ウリンに含まれているポリフェノールには抗菌作用があり、害虫を寄せ付けず、腐食防止するという大きな効果があります。反面、このポリフェノールが溶け出して、コンクリートや地面を汚してしまうのです。

しかし、ポリフェノールは人体に影響はなく、たいてい2、3ヶ月したら樹液が全て出てしまうので、その後は落ち着きます。
こういったことを防ぐ方法もあり、木口面に撥水剤や保護剤を塗っておくと、大半は防止できます。

付いてしまった汚れは気になりますが、水洗いとブラッシングで、ある程度は落とせます。まだ気になる時は、台所用の強酸性漂白剤を使ってブラシでこすると綺麗にとれます。

加工に手間がかかる

ウリンはとても硬くて重い木材なので、職人さんでも、手こずってしまうほど、重くて扱いにくく、複雑な加工は大変です。

自分で手作りでと考えている人は、できるだけ材料を短くするなどして対策しましょう。

供給が少なく高価


ウリンは育てるのにとても時間がかかるので、ウリン伐採に対しての規制があり、供給が少ない木材なのです。

そんな影響もあり、ウリンは他の耐久性のある木材より幾分高価ですが、ウリンの耐久性能を考えると、他の木材と比べてもトータル的な費用は、同じ程度になるかもしれません。
メンテナンスにかかる費用や手間を考えると、一生ものとして使えるウリンはむしろ安く感じるかもしれませんね。

関連コンテンツ

耐久性に優れた イペ

耐久性を求めるウッドデッキに使われる木材の中で、耐久性に優れ、メンテナンスフリー謳う木材があります。・・・

最強の木材 ウリン

ウッドデッキに利用する木材の中で、最強の木材と呼ばれているウリン材。 水に強く、耐久性に優れ、防腐・・・

2×4(ツーバイフォー)材

ウッドデッキに使われる木材には2×4(ツーバイフォー)材というものがあります。 2×4材とは、建築・・・

SPF材

ホームセンターでSPF材という木材をよく目にする事と思います。ウッドデッキを手作りしようと考えた時、候福ΑΑ

ウエスタンレッドシダー

ウッドデッキに使われている木材で、現在最も多く使用されているのが、ウエスタンレッドシダーではないでし・・・

人工木でウッドデッキ

人口の木材を利用して作成するウッドデッキをご紹介します。通常ウッドデッキといえば、天然の木で作られた・・・