ウッドデッキを作ろうのTOPに戻る

SPF材


ホームセンターでSPF材という木材をよく目にする事と思います。ウッドデッキを手作りしようと考えた時、候補にと考える方もいるようです。

SPF材とは、トウヒ属のSPRUCE(スプルース)、マツ属のPINE(パイン)、モミ属のFIR(ファー)の3種類の木材を総称した名前です。具体的には、トウヒ属にはホワイトスプルース、エンゲルマンスプルース、マツ属にはロッジポールパイン、モミ属にはアルパインファー、ボルサムファーなどがあります。
最近では、ロッジポールパインは、フローリングやパネル材として高値で取引されるようになってきたので、SPF材として含まれない傾向があります。

カナダから米国にわたる太平洋沿岸からロッキー山脈東部までに生育していて、この地域の森林全体の57%がこの3種類の樹種に属していると言われています。

この3種類の木材は、非常に特性が似ており、寒い地域でゆっくり成長するSPF材は、木目が細かくて節が小さく、真っ直ぐに伸びて強度があります。
軽くて適度にやわらかいために加工性に優れており、初心者の人でも扱いやすい木材です。
ホームセンターなどで安価で売られているのも嬉しいですね。

SPF材には大きなデメリットがあります。それは、非常に腐りやすいということです。ウッドデッキなど、戸外で使用する場合は、塗装が絶対に必要になります。
しっかり塗装をしていても、やはり腐食による劣化は防ぐことはできませんので、ウッドデッキでの使用を考えている場合は、このリスクをよく考えた上で使用してください。

関連コンテンツ

耐久性に優れた イペ

耐久性を求めるウッドデッキに使われる木材の中で、耐久性に優れ、メンテナンスフリー謳う木材があります。・・・

最強の木材 ウリン

ウッドデッキに利用する木材の中で、最強の木材と呼ばれているウリン材。 水に強く、耐久性に優れ、防腐・・・

ウリン材のデメリット

ウッドデッキに使われる木材には数多くの種類がありますが、その中でも「最強の木材」と呼ばれるウリン… ・・・

2×4(ツーバイフォー)材

ウッドデッキに使われる木材には2×4(ツーバイフォー)材というものがあります。 2×4材とは、建築・・・

ウエスタンレッドシダー

ウッドデッキに使われている木材で、現在最も多く使用されているのが、ウエスタンレッドシダーではないでし・・・

人工木でウッドデッキ

人口の木材を利用して作成するウッドデッキをご紹介します。通常ウッドデッキといえば、天然の木で作られた・・・


「SPF材」のトップへ↑
「ウッドデッキを作ろう」のトップへ↑