ウッドデッキを作ろうのTOPに戻る
「ウッドデッキを作ろう」トップ >  ウッドデッキを作ろう > ウッドデッキを塗装する塗料

ウッドデッキを塗装する塗料


ウッドデッキにとって塗装は欠かせないメンテナンス。塗装を施すことにより耐久性の向上と見た目の美しさを保ちます。
用途によって塗装する為の塗料を選択していきます。

耐久性が高いハードウッドは、塗装は不要だといわれていますが、ハードウッドも退色していきます。
美しい状態を保つためには、やはり塗装は必要です。

ウッドデッキの塗装には、「外部性木部用塗料」という塗料が使われることが一般的です。
塗料には、水性と油性の二種類あって、それぞれにステインタイプペンキタイプがあります。

ステインタイプは、浸透性塗料とも呼ばれており、色素が木材に染みこんで着色するので、木目を生かした仕上がりになります。再塗装時にも、上から重ね塗りすることができ、初心者でも簡単に綺麗に仕上げることができます。

ペンキタイプは、ニスやペンキのように、表面に被膜を作って木材を保護する塗料です。白やグリーンなど、様々な色があるので、普通のウッドデッキとは少し違った、個性的な仕上がりになりますが、時間の経過と共に、剥離が生じてきます。
塗りなおす場合は、前の塗装を全て落としてからでないと、再塗装することができません。

メンテナンスのことを考えると、ステインタイプがお勧めです。

油性と水性では、ウッドデッキ塗料としては油性塗料が一般的でキシラデコールという塗料が定番といわれています。油性を使う場合の難点は、塗料が別のところに付いてしまった場合、シンナーでふき取らなくては落ちません。

水性なら、乾燥前なら簡単に落とすことができますが、油性の方が、伸びが良く、比較的持ちが良いといった長所があります。

どちらが良いとは言えませんが、初心者の人には、水性タイプの方が扱いやすいかもしれませんね。

小さなお子さんや、ペットがいるお家では、塗料が心配だと思いますが、環境に配慮した、私達の体にも害のない天然素材の塗料オスモカラーカルデットなどもあります。
そういった、人にも環境にも優しい塗料を選べば、安心して塗装することができます。

関連コンテンツ

日曜大工での作り方

ホームセンターに行くとよく見かけるDIYの表記。 DIYは、「Do It Yourself」の略で、一般には日曜大・・・

ウッドデッキのデザインを考えよう

ウッドデッキを自分でデザインして、自宅の雰囲気にマッチしたオリジナルのウッドデッキ付きの自宅をイメー・・・

ウッドデッキ施工前の しっかりチェックポイント

ウッドデッキ作成にあたっての下準備として、実際にウッドデッキを設置する現場の状況をしっかりと把握して・・・

道具を揃える

ウッドデッキの手作りする為の、専用の道具が必要です。 ウッドデッキを作る時には、大きな木材を扱うこと・・・

ウッドデッキ作成前の準備

日頃から日曜大工の経験があり、ウッドデッキを夢見る人の中にはウッドデッキを手作りで… と思っている人・・・

塗るもの ウエス&ハケ

ウッドデッキを塗装する為には、塗料を塗る道具が必要となってきます。 ハケを想像しますが、ウッドデッ・・・

ウッドデッキが傾かないように…

何事も基礎が大事…料理でも出来上がりを左右するほど下味が重要な場合がほとんどなのです。それは、ウッド・・・

ウッドデッキに使用する金具

ウッドデッキを作る時に木ネジが必要となります。 木ねじはビスやコースレッドと呼ばれていて、一般のネ・・・

設計図を作成しよう

物を作るってことは、作る物の最終形を目指して進んでいきます。その時重要なのが設計図です。設計図という・・・