ウッドデッキを作ろうのTOPに戻る
「ウッドデッキを作ろう」トップ >  ウッドデッキを長く使おう > ウッドデッキの耐久性はあなたのメンテナンスにかかっている!

ウッドデッキの耐久性はあなたのメンテナンスにかかっている!


ウッドデッキは木でできています。これは皆さんご存知ですよね。木の温もりや感触、懐かしいような香りは、プラスチックや電磁波に囲まれた、現代の私達の心を癒してくれます… 
ウッドデッキの魅力は、人の心を和ませる木の存在によるものが大きいと思います。

木を輪切りにすると、年輪がありますが、色に注意してみると、周辺部は白っぽく、中心部は濃くなっています。白い部分は辺材と呼ばれる部分で、木が樹木として立っていた時に、根から葉へと続く水分の通り道だった部分です。この辺材は、養分があることもあって、害虫や菌の被害を受けやすく、腐りやすい部分です。

中心部は心材と呼ばれ、木が長く生きていく為に、防腐機能のある色々な抽出物を溜め込んでいた部分です。この抽出物は、木によって種類や量が違います。そのため、木の種類によって、色や耐久性に違いが生じるのですね。

木材の耐久性を考えた時、一番に思い浮かぶのは雨の影響だと思いますが、紫外線による劣化も、忘れてはならないことです。
木材の性質に、照り返しの少なさがありますが、これは木材が紫外線を吸収して、赤外線の多くを反射しているためです。
しかし人間の肌と同じく、木材は紫外線を吸収すると、表面がグレー色に変わっていき、シワのような老化現象がおきます。
どんなに耐久性が強いといわれている木材でも、この紫外線による劣化を防ぐことはできません。

この劣化はウッドデッキに使用している木材にも襲ってきます。劣化を少しでも和らげるために、メンテナンスはとても大切なことなのです。

劣化しやすい部分をあげてみると、
柱などの地面に近い部分があります。
地面に接する上下30センチが最も腐りやすいポイントです。
ウッドデッキを製作する時に重要な基礎石は、柱を固定するためだけではなく、木材の腐朽を防止する役割もしているのです。

木材と木材の接合部も気をつけてください。
接合部には狭い隙間ができ、水が浸入しやすい上に乾燥しにくいので、腐朽菌が発生しやすいのです。

ウッドデッキを取り付けた後は、これらの劣化しやすい部分に特に注意してメンテナンスをしていきましょう。

関連コンテンツ

ウッドデッキを塗装する前の準備

ウッドデッキを塗装する前に、前準備と用意しておく道具チェックしておきましょう。 塗装を始める前のチ・・・

ウッドデッキと長く付き合う為の注意点

大きな買い物でもあるウッドデッキ、設置したからそれでおしまいというのもではありません。購入費用もさる・・・

塗装によるウッドデッキの手入れ

古ぼけたウッドデッキも魅力的ですが、魅力的なウッドデッキにする為には手入れが必要です。古ぼけたウッド・・・

安定性を左右する 板目 と 柾目

ウッドデッキの安全性を左右する木材選び… 木材を選ぶ際には、その木材の性質などを吟味して選択するよう・・・